施術の流れ


1.カルテの記入(初回のみ)

今現在、気になっているお身体の症状や既往歴などをご記入いただきます。

 

2.問診

カルテに基づき、その症状に関する内容や生活習慣、職業、スポーツ歴などのお話を詳しく伺います。

・いつ頃から症状が出たのか?

・その症状のきっかけは?

・どのような姿勢や動きで痛みが出るのか?

など、原因を特定し効果的な調整をするために必要な情報になります。

 

3.検査

・スタティック・パルペーション(静的触診)

座位・立位・うつ伏せの姿勢を目視と触診にて、各部位(主に頭・首・肩・骨盤・手足)の左右差や前後の歪みを確認していきます。

 

・モーション・パルペーション(動的触診・可動性検査法)

脊柱(頸椎・胸椎・腰椎)、肩関節、股関節、その他症状に関連する各関節の可動域を検査します。

 

※治療後に再検査を行います。

治療前と治療後でどのくらい可動域が変化したか、また可動時の硬さの変化など、お客様ご自身にも実感していただけます。

 

4.施術

うつ伏せでお身体全体を丁寧に揉みほぐし、関節の動きや筋肉の張り具合を確認し骨格を調整しやすい状態にします。

調整(矯正)は、うつ伏せ・仰向け・座位で動きの硬い関節に対してマイクロ牽引法やモビリゼーションを用いて行います。痛みのないソフトな調整です。筋肉に対しては筋膜リリースやストレッチ法を行います。

うつ伏せや仰向けになれない方や妊婦さんは側臥位での施術もありますので安心してご利用いただけます。

※施術の第一の目的は「関節の可動域の改善」になります。関節の位置や動きが正常になると、その関節に付いている筋肉も弛緩し動きが良くなるため血流やリンパの流れが改善されます。それにより、老廃物や痛みを発する物質が排出され症状が軽減していきます。

 

5.施術後

施術後は、お身体がどのように歪んでいたのかを説明し、正しい姿勢や体操・ストレッチなどのアドバイスをいたします。

その他にもご質問があればお答えいたします。

水分補給のためにハーブティーをご用意しておりますので、お時間のある方はどうぞお飲みになってからお帰り下さい。